homebrew に eblook

昔のブログで, emacsにlookup.elを導入の仕方を書いた.
homebrewでeblookを導入できないといったが, とりあえず出来たのでご報告.

まず, ebをインストールする必要がある. ftp://ftp.sra.co.jp/pub/misc/eb/ で最新版を確認する. 前の記事のときより一つバージョンがあがっているようである. 自家製Formulaなので自動でアップグレードしないので, また再度導入することにする. まず

brew uninstall eb
rm /usr/local/Library/Formula/eb.rb

とし過去のを削除する. 次に

brew create ftp://ftp.sra.co.jp/pub/misc/eb/eb-4.4.3.tar.bz2

で特に, 変更することなく, formulaを更新して,

brew install eb

する.

つぎに, eblookであるが, そのファイルが
http://green.ribbon.to/~ikazuhiro/lookup/files/
にあるようなので,

brew create brew create http://green.ribbon.to/~ikazuhiro/lookup/files/eblook-1.6.1+media-20130919.tar.gz

とする. そこで作られたformulaのままだと上手く動かない.
/usr/local/Library/Formula/eblook-1.6.1+media.rb

    system "./configure", "--disable-debug",
                          "--disable-dependency-tracking",
                          "--disable-silent-rules",
                          "--prefix=#{prefix}",

となっているのを,

    system "./configure", "--disable-debug",
                          "--disable-dependency-tracking",
                          "--disable-silent-rules",
                          "--prefix=#{prefix}",
                          "--with-eb-conf=/usr/local/etc/eb.conf"

と最後に一行を付け加える. そうして

brew install eblook-1.6.1+media

を実行すればよい.

本当は依存関係や最新版が更新できるようにしなければならないが, とりあえず自分で使うためとしてこれでよしとしよう.

また, lookup.elもこれで作れそうだが, 今後の課題としたい.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中