knitrで日本語のはいった作図

http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/stat/first.html

にRで日本語のはいったPDFファイルの作成方法が書かれている.
これを参考にすれば, 日本語のはいった図をknitrで埋め込むオプションが分かる.
Macでヒラギノフォントをつかうなら,

<<echo=FALSE, fig.width=5, fig.height=4, warning=FALSE, message=FALSE, dev='quartz_pdf'>>=
par(family="HiraKakuProN-W3");
par(mgp=c(2,0.8,0));
curve(dnorm(x), xlim=c(-3,3), main="正規分布", lwd=2)
@

とすればよい.

ヒラギノフォントをつかわない, もしくはMac以外なら,

<<echo=FALSE, fig.width=5, fig.height=4, warning=FALSE, message=FALSE, dev='pdf'>>=
par(family="Japan1GothicBBB");
par(mgp=c(2,0.8,0));
curve(dnorm(x), xlim=c(-3,3), main="正規分布", lwd=2)
@

とすればよい.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中