LyX + knitr + jecon

LyXであつかうエンジンがxelatexだと,knitrはつかえるが jeconがつかえず, platexだと, jeconはつかえるがknitrがつかえなかった. しかしながら, 以下の修正をすることで, できるようになった. 以前の投稿でのLyXの設定が終了しているとする.

http://wp.me/p2FbSi-fU
http://wp.me/p2FbSi-fW
http://wp.me/p2FbSi-fY
http://wp.me/p2FbSi-g0

まず, xelatexでjeconをつかえるようにするには, 私自身が言語設定の言語を英語にしているのが原因で, 日本語にすればpbibtexを自動的に実行してくれるように設定している. ただ言語設定を英語にしておかないとスペルチェックをしてくれなく, いちいち切り替えるのが面倒なので, pbibtexを常に選択するようにする.
[Preference]=>[Output]=>[LaTeX] を選択して, ProcessorをCustomにして, Commandをpbibtexにすればよい. (現在, スタイルファイルの選択などで, 見難くなるためにメニューを英語にしています.)

スクリーンショット 2014-01-10 午後2.37.59

つぎに, platexでknitrを使えるようにするには, なぜか, platexでなく, latexを選択するので, latex (plain) をplatexと同じように設定すればよい.
[Preference]=>[File Handling]で Converter Definition で[ latex (plain) ]を選択して, Converterをplatexに, Extra flagをlatex=platex に修正すればよい.

スクリーンショット 2014-01-10 午後2.38.52

さらに, Rnw が PDF (dvipdfmx) で認識するように, [Preference]=>[File Handling] で, Rnw (knitr) => LaTeX (pLaTeX) を追加すればよい. 内容は Rnw (knitr) => LaTeX (plain) と全く同じでよい.

スクリーンショット 2014-01-10 午後2.38.33

こうすれば, xelatexとplatexのどちらのエンジンをつかっても, knitrがつかえ, jecon.bibも扱えるようになる. なお, Sweaveは相変わらず上手くいかない.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中