LyX の設定 (2: pdflatex)

前回の共通の設定が終わっているとする. そのうえで, pdflatex エンジンで英語論文の作成するための設定を書き加える.

[文章] → [設定] → [文章クラス] で, 標準Article となっているとする.
pdflatex-article

さらに, [文章] → [設定] → [文字コード] で, ユニコード (utf8) を選択する.
pdflatex-言語

もし, PDF の栞 (簡単な目次) を作りたい場合, [文章] → [設定] → [PDF特性] で [一般] の Hyperrefサポートを使う をチェックする.
lyx-2

[文章] → [設定] → [LaTeX プリアンブル] に

\usepackage{textcomp}
\usepackage{lmodern}

と書き加える.

Beamer を利用するには, [文章] → [設定] → [文章クラス] で, [文章クラス] が Beamer に変更する. そのうえで, [文章] → [設定] → [LaTeX プリアンブル] を

\usepackage{textcomp}
\usepackage{lmodern}

\renewcommand{\familydefault}{\sfdefault}
\usetheme{Madrid}
\usecolortheme{default}
\usefonttheme{default}

とする. 最初の2行は前と同じ, 次の4行目はフォントを太文字にして見やすくしている. 残りは, 画面のテーマの設定である. デフォルトなら書き加えなくてもよい. どのようなテーマがあるかについては以下を参照.

http://www.hartwork.org/beamer-theme-matrix/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中