lyx の設定 (1: 共通)

これから数回にわけて, LyXの設定を説明する. バージョンが (ベータ版であるが) 2.1になったこと, 最近, 奥村本の新版が出版されたこと, 私自身がはじめて xelatex を使ったことなどで, 以前書き込んだときより, いろいろわかってきたので, 自分自身の整理の意味で書き込みます. Macbook での使用を前提としています.

http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/?LyX%2F%E8%A8%AD%E5%AE%9A

を参考に次のように変更する.

まずは, [言語設定]→[言語] で babel を off にする.

LyX設定-言語
つぎに, [出力]→[LaTeX] で, LaTeXフォントエンコーディングが「T1」でチェックが入っていることを確認し, 索引やBibTeXが動くように変更する. (こうしなくても動作できているようであるので不要かもしれない.)
LyX設定-LaTeX

最後に, [ファイル処理]→[変換子] 日本語の tex ファイルを lyx ファイルに変換するために, つぎの変更を加える.
LyX設定-変換子

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中