jecon.bst その3

前回および前々回につづいて, jecon.bst についての続きである. 日本語文献を Zoteroで引用する場合, 注意が必要である. 日本語文献をZoteroで出力するとつぎの問題がある.

  1. Zotero で 姓と名をわけて著者名を入力すると, jecon.bst では順序が逆になる.
  2. 翻訳者について, jecon.bst では,「jauthor」フィールドが必要であるが, Zotero からの bibtex 出力では, 「translator」フィールドとなる.
  3. 日本語で「あいうえお順」で出力するには,  bst に「yomi」フィールドが必要である.
  4. bib 形式の出力で bibtex キーで, 日本語著者名が消えてしまう.

こうした問題について, JabRef などの bib 編集ソフトを立ち上げて, 修正すればよいが, それを最小限にするため, つぎの工夫をしている.

アマゾンやCiNii で自動的に取り込んだものに対して, Zotero側でつぎのように修正して管理している,

  1.  和文の名前の入力は, 姓の箇所のみに.
  2. 翻訳者名も姓の箇所のみに.
  3. Cinii では年月フィールドでに漢字部分を削除
  4. ほとんどつかわれない寄稿者名に, ひらがなの「よみ」を入力.

そのうえで, bib出力し, ターミナル上で

sed -e s/translator/jauthor/ -e s/collaborator/yomi/ 変更前ファイル.bib >> 変更後ファイル.bib

とすれば, JabRef での修正は, bibtex キーだけを入力すれば良いことになる. JabRefだとワンクリックで BibTeX キーを日本語であっても自動生成してくれる.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中