jecon.bst その 2

前回, natbib.sty をつかえば, 日本語論文でも 著者 (年) 形式の参考文献引用ができるといった. Zotero からの出力をもう少し考察してみよう.

Zotero から出力した bib ファイルは, jecon.bst および econ.bst のどちらを使っても, ほぼ英語論文に限って言えば, そのまま出力できる. ただ, url フィールド, doi 番号がデフォルトの設定で出力されてしまいます.

そうした修正は, econ.bst および jecon.bst のフラグを変更すればよい. たとえば, url フィールドの場合,

  FUNCTION {bst.show.url}
! { #1 }    % non-#0 -> URLを表示 (default)
  % { #0 }    % #0 -> URLを非表示

となっているのを,

  FUNCTION {bst.show.url}
! { #0 }    % non-#0 -> URLを表示 (default)
  % { #0 }    % #0 -> URLを非表示

とすればよい. doi も同様である. もし, ワーキンペーパーのみダウンロード先のURLを表示したい場合, URLを表示するにして, 表示しない論文の url を削除すればよい.

これを参考に, econ.bst および jecon.bst を少し書き換えれば, note フィールドを出力しないように, 調整できる. econ.bst について, オリジナルの636行あたりに,

% Show or Hide note.  If non-zero, note is displayed. Otherwise, note is suppressed. 
FUNCTION {bst.show.note}
{ #0 }    % non-#0 -> Show note field (default)
% { #0 }    % #0 -> Not show note field.

を付け加える. つぎに, オリジナル行の1907行目

{ note empty$

となっているのを削除して,

{ note empty$ bst.show.note not or

を追加する. この改変で, note フィールドも出力するかどうか決めることができる. jecon.bst も同様の修正をすれば対応可能である.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中