Surface Pro でまずしたこと

Surface Pro にインストールしたソフトをまとめる。

1) Ctrl2Cap: CapキーをCtrlキーに
http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb897578.aspx
前回、説明しましたが、そのままの機能。
交換だとHHKで支障がでると考えられる。

2) Winrar:解凍ソフト
http://www.diana.dti.ne.jp/~winrar/
zipだけでなくrarを解凍するのに使っています。

3) Acrobat Reader: PDFビューアー
http://get.adobe.com/jp/reader/otherversions/
どのフォントが埋め込まれているかの確認など、何かと必要なソフト。

4) Notepad++: メモ帳の拡張
http://sourceforge.jp/projects/notepad-plus/
メモ帳+αで、Emacsを使うまでもないときに重宝しています。

5) Google IME: 日本語入力
http://www.google.co.jp/ime/
キーバインドはATOKに統一。

6) Dropbox: ファイル同期
https://www.dropbox.com/home
すでに4Gがあるため、最初から同期するのでなく、ほかのパソコンからファイルを持ってきて統合させるようにしています。

7) Firefox: ブラウザ
http://www.mozilla.jp/firefox/
重いとか、立ち上がりが遅いといわれているが、手放せないアドオンがあり、使い続けています。
同期により、環境構築が簡単。

8) Zetoro: Firefox のアドオン
http://www.zotero.org/
スタンドアローン版もあるが、他のアドオンと組合わせるので、Firefoxのアドオンを使用。

9) W32TeX : Latex + Texworks
http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~abenori/
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/?W32TeX
texlive と悩んだが、環境も含めて一発で設定してくれて、重宝している。

10) Sumatra PDF:PDFビューアー
http://blog.kowalczyk.info/software/sumatrapdf/free-pdf-reader-ja.html
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/?SumatraPDF
ファイル更新に対応しているので、Texからコンパイルしたときはこちらで確認。

11) Java:プログラム言語
http://java.com/ja/download/
C言語とPythonなどのスプリクト言語の間(と勝手に思っている言語)でいくつかのソフトに必要。

12) JabRef:文献管理
http://jabref.sourceforge.net/
文献管理

13) LyX: latexのラッパー
http://www.lyx.org/Download
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/?LyX

14) R:数値演算ソフト
http://www.r-project.org/
統計処理につよい。

15) Rstudio:RのIDE(統合開発環境)
http://www.rstudio.com/
http://www.okada.jp.org/RWiki/?RStudio
これからRを使えば、なんの不満もない。

16) msysgit: git
https://code.google.com/p/msysgit/
バージョン管理システム。まだプレビュー版だそうです。
Cygwinをいれるので、外部からの起動できるようにしておく。

17) sourcetree: gitクライアント
http://www.sourcetreeapp.com/

18) smart git/hg: gitクライアント
http://www.syntevo.com/smartgithg/

19) Aspell: スペルチェック
http://aspell.net/win32/
emacsでスペルチェックが使えるようにするために。

20) gnupack: Cygwin + emacs
http://gnupack.sourceforge.jp/docs/latest/UsersGuide_download.html
これでひと通りのUnix環境が確立できる。

21) Canopy: python統合開発環境
https://www.enthought.com/products/canopy/
numpy, scipy, pandas なども導入してくれる。最近python(x,y)から移行。

17と18はかぶっている。どちらを主に使うか、今、悩んでいる。
ただ、メインは、emacsのeggになってしましそうだが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中