emacs に migemo

「migemo」によって、日本語の検索をする際に、変換することなく、ローマ字で検索することが可能になる。Ubuntuだけでなく、WindowsやMacでも利用可能である。

Ubuntu上で、emacs24を使っているが、「migemo」を導入するのにちと手間取った。「sudo apt-get install migemo」はemacs23対応で、おそらくUbuntuのリポジトリにある「migemo-el」は古いと考えられる。そのため、「cmigemo」を導入して、ELPAの「migemo」を導入するようにする。

まず

sudo apt-get install cmigemo

で「cmigemo」を導入する。次に、「M-x list-packages」で「migemo」を選択してインストール。そして「~/.emacs.d/init.el」に

(require 'migemo)
(setq migemo-command "cmigemo")
(setq migemo-options '("-q" "--emacs" "-i" "\a"))
(setq migemo-dictionary "/usr/share/cmigemo/utf-8/migemo-dict")
(setq migemo-coding-system 'utf-8-unix)
(setq migemo-user-dictionary nil)
(setq migemo-regex-dictionary nil)
(load-library "migemo")
(migemo-init)
;; (define-key isearch-mode-map (kbd "C-e") 'migemo-isearch-toggle-migemo)

と書き込んで、再起動する。

るびきち本だと「C-e」でmigemoのオン・オフの切り替えができるといっているが、それはできない。どうもcmigemoでは「M-m」である。前のキーバインディングに慣れているなら最後の行のコメントアウトを解除すれば良い。

なお、windowsでは「gnupack (http://gnupack.sourceforge.jp/docs/latest/UsersGuide.html)」で最初から導入してある。一方、macでは、Macport のとき

sudo port install cmigemo

か Homebrewのとき

brew install cmigemo

で「cmigemo」導入でき、あとはELPAから導入すれば良い。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中