sputnik に stata

Stata は多くの研究者が使っている有料の統計パッケージである。たとえば

http://www.amazon.co.jp/dp/4489020783/ref=as_li_tf_til?tag=miyazakikenji-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4489020783&adid=12J79YAVVZXDFXTM15P9

http://www.amazon.co.jp/dp/4623060772/ref=as_li_tf_til?tag=miyazakikenji-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4623060772&adid=1ED8XS2MKN2Q9PX99GP8

などを参照。このソフトをsputnikに導入する。CD-ROMにいれて、マニュアル通りに実行する。

sudo su -
ln -s /usr/local/stata12 /usr/local/stata
cd /usr/local/stata12
/media/miyazakikenji/Stata/install

でインストール。インストールが終わったなら、フォルダが「/usr/local/stata12」のままで

./stinit

と実行して、登録番号などを入力する。これで導入終了。

管理者モードを抜けだして、ユーザーモードで実行するのなら、

exit
gedit ~/.bashrc

で編集して

export PATH=$PATH:/usr/local/stata

を付け加える。私は「stata standard edition」をもっているのだが、その場合、ターミナル上では「stata-se」と、GUIでは「xstata-se」と入力すればよい。

アップデートだが、管理者モードでインストールしたので、アップデートも管理者モードで実施しなければならない。アップデートが必要なとき

sudo su -
/usr/local/stata/stata-se

で立ち上げ、

update all

としなければならない。

もし、別途ファイルをすでにダウンロードしてあって、アップデート実施するのなら、GUIモードで実施しなけれならない。

sudo su -
/usr/local/stata/xstata-se

で立ち上げ、

db update
update all

とすればよい。ちなみにアップデートファイルは
http://www.stata.com/support/updates/‎
にある。そのほうが早くダウンロードでき、何度も使える。

もしラウンチャーに登録するなら

gedit ~/.local/share/applications/xstata.desktop

として、

[Desktop Entry]
Name=STATA
Exec=/usr/local/stata12/xstata-se
Terminal=false
Type=Application
Icon=/usr/local/stata12/stata12.png

と編集すればよい。

Screenshot_from_2013-05-13 22:15:14

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中