Sputnik に R と Rstudio

R は強力な統計処理ソフトである。日本においては
http://www.okada.jp.org/RWiki/
に情報がつまっている。

インストール方法だが、例のごとく最新版じゃないので

 sudo add-apt-repository ppa:marutter/rrutter
 sudo apt-get update
 sudo apt-get install r-base

とすれば最新版が導入される。この時点でバージョン3になっている。

さらに「R」の統合環境として「Rstudio」を導入する。
http://www.rstudio.com/ide/download/desktop
に行って、ダウンロードして、ダブルクリックすると「ソフトウェアセンター」が開くのでインストールすればよい。
「Rstudio」については
http://www.okada.jp.org/RWiki/?RStudio
にいくつかの本が載っている。
Screenshot_from_2013-05-13 13:03:57

「Rstudio」のすごいところは、「markdown」をつかって簡単に、計算レポートが書けることである。それも日本語で。そのために「knitr」というソフトが必要になる。「Rstudio」を立ちあげて、左下のコンソール画面に移動(Ctrl+2)する。そこで

install.packages("knitr")

と入力する。もしかすると二回入力する必要がある場合もある。そして、

library(knitr)

と入力すれば、「knitr」が導入される。

「File => New => R Markdown」を選択すれば、テンプレート入力済みのファイルがつくられる。上側の「knitr」ボタンを押せば、htmlファイルがつくられる。
Screenshot_from_2013-05-13 13:08:17

日本語を入力した場合、「文字コード」を聞かれるが、「UTF-8」でよい

Screenshot_from_2013-05-13 13:16:24

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中